相変わらずTwitterを使いこなせる気がしない

去年のこの時期は、Twitterから離れた理由のうち主に周囲に起因するものを挙げましたが、今回は自分自身について挙げてみようと思います。

当時の自分の特徴として、「他人の非常に嫌いな点をTwitterで目にした際、高確率で即座に関係を絶とうとする」というものがありました。「よくスマホゲームに導入されている課金形態は射幸心を煽り(中略)ため滅ぶべき」と仰る方々は片っ端からフォロー解除させて頂きましたし、「15年以上も前の初代PSOがあまりに好き過ぎて現行のPSO2を全力で中傷する」方とも関係を絶たせて頂きました。

そういったものさえ見なければ、あるいは付き合いを継続する事ができたのではないだろうか…? 最近になってそのように思う事があります。Twitterで偏った発言をしているなと感じた人がブログでは至極真っ当な文章を記載している、という例には幾度と無く遭遇しています。Twitterでは無理かなと思った方と、ネトゲでは普通のお付き合いをさせて頂いた事もありました。

逆に自分も、「よくスマホゲームで(さらに中略)滅ぶべき」とわめき散らして憚らないある方を「理解しやすいよう文章で論理的かつ丁寧にねじ伏せる」という事をしてしまいました。

Twitterは利用者の心の奥底にあるものが出やすいツールである、という認識は今でも変わりません。その対象はもちろん自分も含めてです。自分自身いまだその種のものを外に出さないようにする自信が無く、そして他人のその種のものをきちんと無視する事ができない現状では、相変わらずTwitterを使いこなせる気がしないのです。

Twitterまとめは継続していきます。

広告を非表示にする