読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談&リンク集(2017年1月26日分)

唐突ですが、自分はコーヒー(インスタントではなく、コーヒー豆を挽いたり粉を用意して淹れるレギュラーコーヒー)が好きで、近所のコーヒー豆・粉の取扱店を巡ってはいろいろ購入し飲んでおります。

 家族にもコーヒー好きな人間がおり、その者はモカやグァテマラといった酸味に優れるコーヒーを好んでいます。自分はというと、バランス重視ながらもコクのあるコーヒーを美味しいと感じる事が多いようです。自分はもちろんその家族も、好み以外のコーヒーを選びながらも飲んでいます。

 

そういえば、某スーパーで400g400円程度で売られていたコーヒー豆が「どう挽いても美味しく淹れられず、とてもじゃないが他人に飲ませられない」程度の代物で、勿体ないと思いつつも処分したのを思い出しました。

逆に、割と最近見つけた小さなコーヒー豆店の200g1000円のブレンドコーヒー豆は「高いレベルでバランスがとれており、ミルクやコーヒーを入れても美味しく飲め、香りも豊かで申し分なく、客にも安心して出せる」味で、比較的高額ではありますが、貧乏人の安物買いをするよりもはるかに満足できました。

 

コーヒーは嗜好品ゆえ、買う本人が希望の価格帯で、好みの味を選んで楽しむ事ができます。ブラックで飲むもよし、ミルクや砂糖を入れて飲むのもよし、です。ただ、他の人と一緒にコーヒーを味わう際は、互いに相手の好みを考慮すると、より楽しいひとときを過ごす事ができるのでしょう。

また、低価格帯のコーヒーばかり飲んで「不味い!」と感じ続けたり、様々な種類のものを試してみても「自分には合わない」と思ったら、その路線を変更したり、場合によってはいっそコーヒーを飲むのを止めてしまった方がよいのかも知れません。少なくとも、モカやグァテマラの酸味が合わなかったからといって「酸味は無くなるべき」と嘆くよりも、別の種類やブレンドを試した方がよいのは明らかです。

  

ビデオゲームもまた同様…と思うのは、自分だけでしょうか。

広告を非表示にする